About

楽団員紹介

Bass trombone

鈴木 崇弘

Takahiro Suzuki

ご挨拶

バストロンボーンの鈴木崇弘です。
基本1食当りご飯2合の食生活で、いっぱい食べて演奏にエネルギーを注いでいます。"バストロ"は最も息を使う楽器と言われるだけあって、体力を使うんです。
自分はコントラバストロンボーンという楽器も扱っていて、いつか新日本フィルでお披露目出来る時が楽しみです。

プロフィール

神奈川県出身。2014年サイトウ・キネン・フェスティバル松本、小澤征爾音楽塾にて「室内楽勉強会−金管アンサンブル−」及び「子どものための音楽会」に参加。同年ドイツ・オランダにて開催された第3回Lätzsch Trombone Festival コンペティションにて1位受賞。

2016年東京芸術大学奏楽堂モーニングコンサートに出演、藝大フィルハーモニア管弦楽団とJohn Williamsのテューバ協奏曲を協演。2016年度公益財団法人青山財団奨学生。2017年東京芸術大学卒業。

2018年チェジュ国際金管・打楽器コンクールにて2位(1位なし)受賞。同年第35回日本管打楽器コンクールにてトロンボーン部門1位及び特別大賞、内閣総理大臣賞、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団特別賞等受賞。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」(現「リサイタル・パッシオ」)出演。2019年ソリストとして東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と協演。

これまでにトロンボーンを黒金寛行、石川浩、古賀慎治の各氏に、室内楽を日高剛、古賀慎治、栃本浩規の各氏に師事。

出演予定の公演情報

※予定が変更になる場合がございます。事前に、ご案内ページをご確認ください。

バストロンボーン 鈴木 崇弘
BACK

トロンボーン

奥村 晃
Koh Okumura
NEXT

テューバ

佐藤 和彦
Kazuhiko Sato