Triphony Hall

活動拠点「すみだトリフォニーホール」とのあゆみ

新日本フィルハーモニー交響楽団と
すみだトリフォニーホールのあゆみ

1972年

7月1日、小澤征爾と山本直純の元、新日本フィルハーモニーが自主運営組織のオーケストラとして設立。同年9月15日に結成特別演奏会、22日に第1回定期演奏会が開催された。

1988年

7月12日 墨田区とのフランチャイズ覚書がなされた。
「墨田区と新日本フィルハーモニー交響楽団は、芸術文化の限りない進展に寄与し、 併せて、その成果に限りない尊敬と愛情を抱く墨田区民による音楽都市の実現をめざして、共に持てる能力と情熱のすべてを傾けて協力し合うことを約束する」

1989年

NJPはコミュニティ・コンサート、ふれあいコンサート、 墨田区立小中学校全校で実施留守音楽指導事業などさまざまな活動の展開をスタートし、現在に至るまで継続している。

1995年

新ホールの名称が「すみだトリフォニーホール」と決定。

1997年

5月にすみだトリフォニーホールが完成、5月9日に初めてNJPが音を出した。 小澤征爾指揮 モーツァルト『魔笛』序曲、ベートーヴェン『エグモント』序曲、ラベル『ボレロ』であった。

同年10月26日 すみだトリフォニーホールが開館、10月27日に小澤征爾指揮 第252回定期演奏会が行われた。

出展:新日本フィルハーモニー交響楽団50周年誌
「演奏は一期一会」(2022年発行)

すみだトリフォニーホール

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-3
TEL:03-5608-5400

すみだトリフォニーホール 公式サイト
https://www.triphony.com/

トリフォニーホールチケットセンター

2F・大ホール正面入口を両国方面へ向かって左側にございます。

公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団 事務局 (7F)
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-3 すみだトリフォニーホール7F
TEL:03-5610-3820
FAX:03-5610-3825