新日本フィルハーモニー交響楽団

ゲルハルト・ボッセ

ミュージック・アドヴァイザー Music Adviser

ゲルハルト・ボッセ / Gerhard Bosse

© K.MIURA

1922年生まれ。ライプツィヒ音楽院在学中からゲヴァントハウス管弦楽団の代用メンバーを務め、第二次世界大戦中は、リンツ帝国ブルックナー管弦楽団に所属。1946年からワイマール音楽大学講師、49年に教授就任。51年、ライプツィヒ放送交響楽団第一コンサートマスター、同時に母校の教授となる。55年からゲヴァントハウス管弦楽団第一コンサートマスター、同弦楽四重奏団第一ヴァイオリン奏者として、87年の引退までコンヴィチュニーら歴代の指揮者や国際的なソリストたちと共演した。

1962年ゲヴァントハウス・バッハ管弦楽団を創立し、ソリスト兼指揮者として活躍。61年に初来日。80年には霧島国際音楽祭を創立し、後進の指導にあたった。94年から東京藝術大学客員教授を務め、以後日本に在住して指揮に専念する。ゲヴァントハウス管弦楽団や、東京都響をはじめ日本の主要オーケストラへの客演を重ねる。新日本フィルとは90年の初顔合わせ以来、定期、カザルスホール定期、「第九」「マタイ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」など数多くの共演がある。98年神戸市室内合奏団首席指揮者、2000年に音楽監督に就任。同年より新日本フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者、02年ミュージック・アドヴァイザー。04年からは東京藝術大学チェンバーオーケストラ指揮者も兼任。06年同オーケストラとのヨーロッパ公演は高く評価された。09年、ジャパンアカデミーフィルハーモニックの音楽監督に迎えられる。

これまでに、ドイツ民主共和国国家賞、ライプツィヒ市ニキシュ賞及び芸術賞、ドイツ連邦共和国第一等功労十字勲章、日本でも音楽クリティック・クラブ特別賞、エクソンモービル音楽賞本賞等の受賞歴がある。11年にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の名誉団員に指名された。

新日本フィルとの新譜「ブラームス:交響曲第2番」が2009年に発表され、注目を集めた。

2012年2月、永眠(享年90歳)。新日本フィルとは2011年5月に行われた第13回・新・クラシックへの扉が、最後の共演となった。

ページの先頭へ