News

お知らせ

聴きどころをご紹介!Part2─宮川彬良vs新日本フィルハーモニー交響楽団 コンチェルタンテ・スーパー「超!ジルベスター・コンサート2018→2019」

今年で8回目を迎える、宮川彬良さんと新日本フィルのジルベスタ―コンサート。宮川さんに、今回のコンサートの「メインディッシュ」ともいえる第三部の聴きどころを伺いました。

Part1はこちら

■第三部 すべての人の心に届く普遍的なメッセージ

 

宮川彬良さんのミュージカル『家なき子』より「前へ、前へ」「幸せはすべての人に」など、タイトルからもきっと感じていただける通り、自分のための歌かな、と思えるような、普遍的なメッセージを感じていただける曲ばかりを集めました。ミュージカル『シャンポーの森で眠る』より「明日の朝、神様がいらっしゃるよ」は、ヨーロッパが舞台ですが、村が夢の中で”再生”していくお話の音楽です。曲を作りながら常に、各地で起こった自然災害のことが心にあったとおっしゃる宮川さん。ミュージカルのストーリーを知らなくても皆様の心に響く音楽をお届けします。

 

■第三部の「宇宙 音楽絵巻」について

 

NHKのテレビ番組「コズミックフロント☆NEXT」で行われたコンサートで、2018年1月に世界初演された宮川彬良さんの曲です。ビッグバンから今までの宇宙の138億年を10分間の音楽で表現しています。138億年の中で見ると、この2000年ですら、ほんのわずかな時間。そんなふうに俯瞰で見ると、自分自身がちっぽけに思えます。大晦日、そんなふうに「大きなもの」の存在を感じる時間をぜひ持ってほしい、という気持ちがこめられた選曲です。

パイプオルガンとオーケストラの合奏の後、鈴木玲奈さんの「母なる声」が聴こえてきて終わるという構成になっています。この曲には歌詞がありません。歌詞があるミュージカル・ソングと全く歌詞のないこの曲とを対比させながら、壮大な世界観を感じていただくひとときを皆様と過ごせたらと思います。

■宮川彬良さんにとって2018年は特別な年

 宮川さんのお誕生日は2月18日。10歳ぐらいの頃から、その数字が並んだ「2018年」という年を、「自分が57歳になる年」と、意識し、待っていたそうです。

 

3~4年前から、「2018年の2月18日にコンサートを」と公言していたところ、アクトシティ浜松さんから「うちのホールなら2018人(以上)入る」と提案を受け、「2018宮川彬良まつり」が実現したそうです。その時に共演され、「またこういうコンサートをやりましょう」と意気投合されたのが、今回のジルベスタ―コンサートにご出演いただく大山大輔さん、鈴木玲奈さん、今井学さんでした。

 

宮川さんと大山さん、鈴木さん、今井さん、そして新日本フィルの、息の合った共演をお楽しみに!

演奏会詳細

宮川彬良vs新日本フィルハーモニー交響楽団 コンチェルタンテ・スーパー「超!ジルベスター・コンサート2018→2019」

日時・会場 2018年12月31日(月) 15:00 開演(14:15開場)/ すみだトリフォニーホール

出演者

  • 指揮・ピアノ・司会 宮川 彬良
  • 歌 大山 大輔、鈴木 玲奈、今井 学
  • オルガン 米山 浩子
  • 合唱 栗友会合唱団
  • 合唱指揮 栗山 文昭
  • 合唱副指揮 横山琢哉
  • 構成 新井鷗子