TEL

新日本フィル チケットボックス

03-5610-3815

平日:10〜18時 土:10〜15時/日祝休

MENU

TICKET

News

お知らせ

佐渡裕氏 新日本フィル音楽監督および ミュージック・アドヴァイザー就任のお知らせ

(2021/8/27更新)

新日本フィルハーモニー交響楽団は、指揮者 佐渡裕氏を第5 代音楽監督として迎えることを発表いたします。任期は2023 年4 月より2027 年3 月までの4年間とし、それに先立ち2022 年4 月より1 年間、ミュージック・アドヴァイザーとして、新日本フィルの演奏会プログラミング等に携わっていただきます。

1961 年5 月京都市出身の佐渡氏は、故レナード・バーンスタイン、新日本フィルの創設者で桂冠名誉指揮者でもある小澤征爾に師事。現在オーストリアのトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督、兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラ首席指揮者を務める他、これまでロンドン交響楽団、パリ管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団等欧州を中心に世界屈指の楽団で客演を重ねてきました。

新日本フィルとは1988 年2 月に初共演し、1989 年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝後最初の国内デビューコンサートでも共演しました(1990 年1 月オーチャードホール)。その後1992 年9 月より95 年7 月まで「指揮者」を務め、これまでに90 回以上の共演歴を誇ります。

今後、新日本フィル50 周年記念期間には、2022 年1 月「すみだクラシックの扉」、5 月「トリフォニーホール&サントリーホール・シリーズ」への登場が決まっています。

佐渡裕率いる新日本フィルが新たに描き出すクラシック音楽の力強い未来に、どうぞご期待ください。

Yutaka Sado appointed as Music Director and Music Adviser of the New Japan Philharmonic

 

The New Japan Philharmonic Foundation (Sumida-ku, Tokyo, Chairman Yoshihiko Miyauchi, hereinafter referred to as the New Japan Philharmonic) appointed Yutaka Sado as the fifth Music Director. The four-year term will start in April 2023 until March 2027, and prior to that, he will be involved in concert programming for the orchestra as the Music Adviser for one year from April 2022.

 

Born in Kyoto in May 1961, Maestro Sado studied under the late Leonard Bernstein, and Seiji Ozawa, the founder and the honorary conductor of the New Japan Philharmonic. He is currently the music director of the Tonkünstler Orchestra of Austria, the artistic director of the Hyogo Performing Arts Center, and the principal conductor of the Siena Wind Orchestra. Maestro Sado has guest-conducted world’s renowned orchestras centering in Europe, including the London Symphony Orchestra, the Orchestre de Paris, the Berliner Philharmoniker,  the Deutsches Symphonie-Orchester Berlin, and  L’Orchestra dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia.

 

Maestro Sado first stepped onto the New Japan Philharmonic podium in February 1988. He made his first domestic debut with the orchestra in January 1990 (Orchard Hall), after winning the Grand Prize of the Besançon International Competition for Young Conductors in 1989. He served as the “conductor” of the New Japan Philharmonic and conducted over 90 performances from September 1992 until July 1995.

 

Maestro Sado will appear during the celebration of 50th anniversary of the New Japan Philharmonic including “Doors of Sumida Classic” in January 2022 and in the “Triphony Hall & Suntory Hall Series” in May 2022.

 

Please look forward to the future of new and powerful classical music performed by the New Japan Philharmonic under the baton of Maestro Yutaka Sado.

©Takashi Iijima

■佐渡裕 Yutaka Sado

京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝。1995年第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝。
これまでパリ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルンWDR交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、北ドイツ放送交響楽団(現・NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)等、欧州の一流オーケストラに多数客演を重ねている。2015年より、オーストリアを代表し110年以上の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、欧州の拠点をウィーンに置いて活動している。オランジュ音楽祭「蝶々夫人」(演奏:スイス・ロマンド管弦楽団)、トリノ王立歌劇場「ピーター・グライムズ」、「カルメン」、「フィガロの結婚」など海外のオペラ公演の実績も多数。
国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。CDリリースは多数あり、最新盤はトーンキュンストラー管弦楽団を指揮した17枚目のCD「ブラームス:交響曲第2番/ハイドンの主題による変奏曲」を2021年8月にリリース。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「棒を振る人生~指揮者は時間を彫刻する~」(PHP文庫/新書)など。
2022年4月より新日本フィルハーモニー交響楽団ミュージック・アドヴァイザー、23年4月より同楽団音楽監督に就任が決定している。
オフィシャルファンサイト

佐渡裕氏出演 今後の演奏会(主催公演)

すみだクラシックへの扉 #04

2022年1月21日(金)・25日(土)すみだトリフォニーホール

#641〈トリフォニーホール・シリーズ〉

2021年5月21日(土) すみだトリフォニーホール

サントリーホールで5/23(月)に同内容公演あり 詳細はこちら