新日本フィルハーモニー交響楽団

新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ

New Japan Philharmonic World Dream Orchestra (W.D.O.)

2004年夏、作曲家・久石譲を音楽監督に迎え立ち上げたプロジェクト。『世界中に素晴らしい曲がたくさんある。ジャンルにとらわれず魅力ある作品を多くの人々に聴いてもらおう』という願いが、このオーケストラの活動における最大のテーマとして掲げられている。
以降、全国各地でコンサートを開催、08年、日本武道館で開催された「久石 譲 in 武道館」にも出演。15年公演からは、テーマの一つとして久石譲が作曲したスタジオジブリ作品の音楽を「交響組曲」化するプロジェクトを開始。第1弾となる Symphonic Poem “NAUSICAÄ” を2015年に初演。2016年に第2弾として交響組曲「Princess Mononoke」を披露。全国9都市10公演に加え、W.D.O.として初の海外公演を台湾にて敢行。

新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラの写真

© K.MIURA

<ディスコグラフィー>
CD:『WORLD DREAMS』、『パリのアメリカ人』、『真夏の夜の悪夢』、『W.D.O.BEST』、
  久石譲『WORKS Ⅳ- Dream of W.D.O. -』
DVD:『W.D.O.』(DVD)

ページの先頭へ