斬新なアイディア、現代音楽についての幅広い知見、意欲的な音楽作り。現代に生きる指揮者として必要な要素をすべて持ったインゴ・...
50周年のシーズン最後に待っている定期演奏会(今シーズン最後のすみだクラシックへの扉)は、かなり意外な組み合わせだ...
新日本フィル50周年誌が刊行されました。 ページ数の都合などにより割愛せざるを得なかったエピソードを、編集の齋藤克氏にご紹...
日常が戻りつつある今、あらためて人とのつながり、ご縁で生かされていることへの感謝を感じています。3年前コロナ禍で日常が壊れ...
2023年1月「すみだクラシックへの扉」のプログラムノート(解説)をPDFで公開しました。 PDFはこちら 対...
2023年1月に世界初演が行われる井上道義総監督(指揮/脚本/作曲/演出/振付)のミュージカル・オペラ 『A Way fr...
 好きなことをやっているからこそ絶対に逃げない。迷う時は「楽ではない道」を選ぶ  僕が中学生の頃から指針としているこ...
ブラームスの2本柱とも言える傑作 高関&ゲルナーが作曲家の真価を問う  ブラームスの作品は日本のオーケストラ公演の中でよく取...
井上道義自身が台本、作曲などを担い 豪華な歌手陣が参加する新作オペラ  現代では作曲家と指揮者はすっかり分業化されて...
NJP50周年誌こぼれ話 その4 天下の回りもの …「 財」は「材」より成る〈後編〉 新日本フィル50周年誌が刊行されました...