1 | 2 | 3 | 4 次へ>>
CD

愛のあいさつ/吉鶴洋一&ゆか里

愛のあいさつ/吉鶴洋一&ゆか里

新日本フィルのヴィオラ奏者吉鶴洋一が、夫婦で奏でる ヴィオラとピアノの世界。

心優しく芳醇なひととき。


価格: 2,000 円 (税込)

内容
新日本フィルのヴィオラ奏者吉鶴洋一が、夫婦で奏でる ヴィオラとピアノの世界。

心優しく芳醇なひととき。


収録曲
「アヴェ・マリア」「愛のあいさつ」「ロンドWoO41」「島唄」「G線上のアリアほか全12曲を収録。

CD

Blessing Notes 川上徹 チェロ小品集 

Blessing Notes 川上徹 チェロ小品集 

【収録曲】
シシリエンヌ (マリアテレジア v.パラディス)
母の教えたまいし歌 (A.ドヴォルザーク)
随想曲第三番 (宮川彬良)
ベルシューズ (G.フォーレ)
白鳥 (C.サン=サーンス)
ほか
チェロ:川上徹
ピアノ:米川幸余

価格: 2,700 円 (税込)

【収録曲】
シシリエンヌ  (マリアテレジア v.パラディス)
母の教えたまいし歌  (A.ドヴォルザーク)
随想曲第三番  (宮川彬良)
ベルシューズ  (G.フォーレ)
白鳥  (C.サン=サーンス)
鳥の歌  (カタロニア民謡/P.カザルス編曲)
森の静けさ  (A.ドヴォルザーク)
チェロソナタより第三楽章  (S.ラフマニノフ)
トロイメライ  (R.シューマン)
エレジー  (G.フォーレ)
はるの子守唄  (渋谷牧人)

川上  徹
桐朋学園高等学校音楽科にて学ぶ。
桐朋学園大学 3 年生時にアスペン音楽祭に参加。巨匠ザラ・ネルソヴァ女史に認められ、米国シンシナティ音楽院に学費全額免除(奨学金)を得て留学。留学中にサンタバーバラの Music Academy of the West に参加し Best strings playerprize を受賞する。後にハンガリーへ渡り、F.リスト音楽院にて研鑽を重ねる。
帰国後、仙台フィルハーモニー管弦楽団初めての首席チェロ奏者に就任、神戸室内合奏団の第一首席奏者を経て、小澤征爾氏の承認を受け新日本フィルハーモニーの首席奏者に就任。
日本室内楽コンクール第二位、ロンドン国際弦楽四重奏コンクールにてメニューヒン特別賞を受賞。英国の音楽雑誌にて P.ヒンデミット作品の演奏について、「作曲家自身が所属していたアマールカルテットを上回る出来」と絶賛される。
2012 年にはデリック井上指揮の新日本フィルとドンキホーテを共演し好評を博す。
外山雄三、円光寺雅彦、梅田俊明、ゲルハルト・ボッセ、クリスチャン・アルミンク、山下一史の各氏と共演。井上頼豊、ザラ・ネルソヴァ・シャンドール、デイヴィッチ・ジャック、カースティンの各氏に師事。
サイトウキネンオーケストラメンバー。愛器は 1750 年製のマンテガッツァ。

CD

べ―ト―ヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」 メシアン:主題と変奏 他 /西江辰郎(ヴァイオリン) ジュゼッペ・アンダローロ(ピアノ)

べ―ト―ヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」 メシアン:主題と変奏 他 /西江辰郎(ヴァイオリン) ジュゼッペ・アンダローロ(ピアノ)

ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンの為のソナタ 第9番 イ長調 作品47「クロイツェル」
メシアン:主題と変奏
タランティーノ:聖杯への路にて <世界初演>
シモネッティ:マドリガル
サン=サーンス(西江辰郎 編曲):歌劇「サムソンとデリラ」より "春は目覚めて"

収録:2010年9月28・29日 杜のホールはしもと ライヴ録音

価格: 3,000 円 (税込)

ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンの為のソナタ 第9番 イ長調 作品47「クロイツェル」
メシアン:主題と変奏
タランティーノ:聖杯への路にて <世界初演>
シモネッティ:マドリガル
サン=サーンス(西江辰郎 編曲):歌劇「サムソンとデリラ」より "春は目覚めて"
 
収録:2010年9月28・29日 杜のホールはしもと ライヴ録音
FOCD9705 定価¥2,857+税
 
光り輝くふたつの才能。スーパー・デュオCD第5弾です。 <ヴァイオリン・ソナタの王>と称すべき「クロイツェル」、そして近現代。 杜の都、仙台の国際音楽コンクールの会場で、当時仙台フィルのコンサートマスターだった西江と、ピアノ部門の優勝者アンダローロが出会ったのは2001年のこと。以来ふたりは変わらぬ信頼関係のもと、素晴らしい音楽を奏で続けています。 本作は2010年9月に開催されたコンサートのライヴ録音。まばゆいばかりの演奏に甘美な歌ごころを添えて、みなさまにお届けします。
CD

西江辰郎&アンダローロ ベートーヴェン:「春」/レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ エネスコ:幼き頃の印象 他 

西江辰郎&アンダローロ ベートーヴェン:「春」/レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ エネスコ:幼き頃の印象 他 

[Disc 1]
ベートーヴェン:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ヘ長調 作品24 第5番「春」
エネスコ:幼き頃の印象 作品28

[Disc 2]
レスピーギ:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ロ短調
クオッツォ:瞑想曲 作品34
小杉紗代:スパイラリング・スパークス
菅野よう子:花は咲く

西江辰郎 ヴァイオリン
ジュゼッペ・アンダローロ ピアノ

価格: 3,900 円 (税込)

[Disc 1]
ベートーヴェン:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ヘ長調 作品24 第5番「春」
エネスコ:幼き頃の印象 作品28
 
[Disc 2]
レスピーギ:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ロ短調
クオッツォ:瞑想曲 作品34
小杉紗代:スパイラリング・スパークス
菅野よう子:花は咲く
 
西江辰郎 ヴァイオリン
ジュゼッペ・アンダローロ ピアノ
 
収録:2013年3月14・15日 三鷹市芸術文化センター 風のホール ライヴ
FOCD9677/8(2CD) 定価¥3,700+税
Blu-spec CD 2枚組
 
2001年に24歳の若さで仙台フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任、2005年からは新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務め、室内楽やソロなど、ますますその活躍の場を広げるヴァイオリニスト・西江辰郎。長年の盟友ジュゼッペ・アンダローロとの第4弾CDの登場です。
本作では2013年3月に三鷹市芸術文化センターで行われたライヴを収録。その選曲には西江ならではのセンスが光ります。注目は2003年に2人によって初演された「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」の作曲者、クォッツォから西江に献呈された「瞑想曲」と、世界を舞台に活躍する気鋭の作曲家、小杉紗代の手による「スパイラリング・スパークス」の世界初演です。
仙台フィルに在籍した西江と仙台国際音楽コンクールの優勝者であるアンダローロによる、特別な想いのこもった「花は咲く」は、ひときわ胸を打ちます。
CD

コンチェルタンテⅡ マンボVer./ 宮川彬良&新日本フィル
ConcertanteⅡ MOMBO ver. Akira Miyagawa & New Japan Philharmonic

コンチェルタンテⅡ マンボVer./ 宮川彬良&新日本フィル<br/ >ConcertanteⅡ MOMBO ver.  Akira Miyagawa & New Japan Philharmonic

商品番号:FOCD9649
レーベル:フォンテック
発売日:2014/9/3

価格: 1,500 円 (税込)

『コンチェルタンテⅡ』の大人気曲!
「シンフォニック・マンボNo.5」が
遂にCDになりました!

音楽のウラ側のおいしいところ、こっち側からのぞいてごらん~

収録曲
 
 
1、音楽劇『ハムレット』より5つの主題
  Ⅰ. ピラスの刃(やいば)
  Ⅱ. 亡霊との闘い「この世の関節がはずれてしまった・・・」
  Ⅲ. 手負いの鹿
  Ⅳ. あの人はもういない    <歌:中野太一>
  Ⅴ. 墓堀りの唄(死者達のパレード)
  Ⅵ. 沈黙の後に

2、サンダーバード
3、シンフォニック・マンボNo.5
 

出演

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団  
指揮&ピアノ:宮川彬良  
歌:中野太一(「あの人はもういない」)


録音 
2011年11月19日 すみだトリフォニーホール

≪宮川彬良&新日本フィル≫の直近公演はこちらから
http://www.njp.or.jp/archives/16178


 

CD

CAFE1930 古部賢一&鈴木大介
CAFE1930 Ken-ichi Furube & Daisuke Suzuki

CAFE1930 古部賢一&鈴木大介<br/ >CAFE1930 Ken-ichi Furube & Daisuke Suzuki

商品番号:KICC1137
レーベル:キングレコード
発売日:2014/5/1

価格: 3,240 円 (税込)

新日本フィル・オーボエ首席奏者 古部賢一の待望の新譜!

内容
ともに第10回出光音楽賞を受賞したオーボエ、ギターのトップ・プレイヤー、古部賢一と鈴木大介によるコラボレーション・アルバム。2人が織りなすポップかつクラシカルな空間、ラグジュアリーでラテンなひとときがたまらない。(CDジャーナル』データベースより)

収録曲
・イパネマの娘(ジョビン/鈴木大介編)
・夜のサン・パウロ(マシャド)
・ヴァモ・ネッサ(マシャド)
・サンバマール(マシャド)
・涙のないショーロ(マシャド)
・リベルタンゴ(ピアソラ/モンテス編)
・オブリビオン(ピアソラ/飯泉昌宏編)
・「ダンゴの歴史」~カフェ1930(ピアソラ)
・「ブエノスアイレス組曲」~ポンペイヤ(プホール)
・ニュー・シネマ・パラダイス(モリコーネ/鈴木大介編)
・ハバネラ形式の小品(ラヴェル)
・シシリエンヌ(フォーレ)
・「鍵盤楽器のためのソナタ集」~シシリアーノ(セイシャス)
・4つのソナタ(チマローザ)
・ソナタ ハ長調 RV.48(ヴィヴァルディ)

録音
2013年12月、2014年1月
ステレオ(スタジオ/セッション)

 

CD

ブルックナー:交響曲第3番(第3稿、改訂版)/朝比奈隆 指揮
Bruckner: Symphony No.3 (3rd version, revised edition)

ブルックナー:交響曲第3番(第3稿、改訂版)/朝比奈隆 指揮<br/_>Bruckner: Symphony No.3 (3rd version, revised edition)

カテゴリー:交響曲
商品番号:FOCD9630
発売元:フォンテック
発売日:2014/4/25

価格: 2,160 円 (税込)

巨匠 一期一会のブルックナー

内容
逝去から十余年、今なお色褪せない記憶として語り継がれる朝比奈の演奏。
得意とした独墺音楽のなかでも、日本における黎明期から、数多く演奏をおこなったブルックナーの交響曲は"神技"と呼ぶに相応しいレパートリーです。
200回に及ぶその演奏歴ですが、第3番をとりあげる機会は少なく、本CD収録の1996年12月、 新日本フィルを指揮した2日間、これが同曲最後の演奏でした。
巨匠の最終解釈---まさにモニュメンタルな演奏の記録です。

指揮:朝比奈 隆
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

録音
1996年12月12日東京文化会館、16日オーチャードホール ライヴ録音

収録曲
ブルックナー:交響曲第3番(第3稿、改訂版)
 

CD

アートマン 西江辰郎 & 岡田将
ARTMAN Tatsuo Nishie & Masaru Okada

アートマン 西江辰郎 & 岡田将<br/ >ARTMAN Tatsuo Nishie & Masaru Okada

商品番号:FOCD3512
レーベル:フォンテック
発売日:2013/12/4

価格: 3,000 円 (税込)

新日本フィル・コンサートマスター西江辰郎、待望の新譜!

内容
聴こえてくるのは、言葉の真の意味での「ソナタ」の名演奏で、親密な対話も激情の創出も、まさに比類がない。「二短調」という劇的緊張感に富んだ調性を仲立ちにしたシューマンとブラームスの相関、対比も浮き彫りになる。ヒンデミットがまた鮮やかで、二人の果敢な演奏は、創造の地平を切り拓こうとした若き作曲家の意欲と見事に呼応する。西江と岡田には、ロマン派から近代の二重奏ソナタや洒脱な小品、激動の時代や作曲家の葛藤を映し出す名作を、これからも奏でて欲しい。切にそう思う───
(文・奥田佳道 ライナーノートより)

収録曲
・シューマン/ヴァイオリンとピアノの為のソナタ 第2番 ニ短調 作品121
・ヒンデミット/ヴァイオリンとピアノの為のソナタ 変ホ調 第1番 作品11
・ブラームス/ヴァイオリンとピアノの為のソナタ 第3番 ニ短調 作品108
・クライスラー/愛の喜び、愛の悲しみ、シンコペーション

録音
2008年6月3、4日
杉並公会堂 大ホール ライヴ・レコーディング

CD

ブルックナー:交響曲第8番(ノーヴァク版)/ゲルハルト・ボッセ指揮
Bruckner:Symphony No.8/Cd. Gerhard Bosse

ブルックナー:交響曲第8番(ノーヴァク版)/ゲルハルト・ボッセ指揮<br/ >Bruckner:Symphony No.8/Cd. Gerhard Bosse

カテゴリー:交響曲
商品番号:FOCD9598/9 (2CD)
レーベル:フォンテック
発売日:2013/6/20

価格: 3,150 円 (税込)

巨匠ボッセ
唯一無二のブルックナー

 「音楽家として、可能な限りのあらゆる経験を積む機会を与えられたことに感謝している。」と自らの人生を述懐したゲルハルト・ボッセ(1922-2012)。30年以上に渡り、ゲヴァントハウス管弦楽団の第一コンサートマスターを務めたことはあまりに有名ですが、第二次世界大戦中にはリンツ帝国ブルックナー管弦楽団に所属し、フルトヴェングラー、シューリヒト、カラヤン等のもと演奏活動を行いました。1961年の初来日以来、J.S.バッハ、そして古典派音楽の素晴らしさを日本の聴衆に伝えたマエストロ。若き日のリンツでの経験は、彼にとってブルックナーが特別な存在になってゆく決定的な道標となりました。
惜しまれつつも2012年2月に亡くなったボッセを偲び、90年の生涯において2日間の公演のみ指揮した<ブルックナー 交響曲 第8 番>を初CD化---偉大な記録がここに甦ります。(フォンテック)

指揮:ゲルハルト・ボッセ(新日本フィル ミュージック・アドヴァイザー Music Adviser)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

録音
2003年6月27、28日(ベートーヴェン) 第358回トリフォニー定期演奏会
すみだトリフォニーホールライヴ・レコーディング

収録曲
ブルックナー:交響曲第8番(ノーヴァク版)

CD

マーラー:嘆きの歌(初稿版)/ クリスティアン・アルミンク指揮
Mahler: Das klagende Lied (Fassung 1880 in drei Satzen) Cd. Christian Arming

マーラー:嘆きの歌(初稿版)/ クリスティアン・アルミンク指揮<br/ >Mahler: Das klagende Lied (Fassung 1880 in drei Satzen) Cd. Christian Arming

カテゴリー:声楽曲
商品番号:FOCD6035
レーベル:フォンテック
発売日:2013/3/6





価格: 2,500 円 (税込)

アルミンク&新日本フィルの第10弾CD!
集大成にして最後の1枚!


内容
独唱者、合唱、大管弦楽によるマーラー最初期の大作「嘆きの歌」。1880年にこの作品を完成した20歳のマーラーは、ウィーン楽友協会の作曲コンクール「ベートーヴェン賞」へ応募するものの、ブラームス、ハンスリックなどの保守的な審査員のまえでは、落選の憂き目を見るしかありませんでした。華麗なオーケストレーションを駆使するこの独創的な作品、いたるところに後の名作交響曲の萌芽が現れます。2度に渡り大規模な改訂がなされましたが、この演奏で使用されている最大規模編成の<初稿版>は若きマーラーが夢見たかたちです。交響曲全曲演奏を完遂したアルミンク&新日本フィル—いわば<見返り>によってマーラー作品の源泉に光を当てるのです。(フォンテック)

録音 
2012年5月18日・19日( 第494回定期演奏会、会場:すみだトリフォニーホール) ライヴ録音

収録曲  
マーラー作曲 嘆きの歌(初稿版)
1.森のメルヒェン
2.吟遊詩人
3.婚礼の出来事

出演
指揮:クリスティアン・アルミンク
ソプラノ:天羽明惠
メゾ・ソプラノ:アネリー・ペーボ
テノール:望月哲也 
バス:イシュトヴァーン・コヴァーチ
ボーイソプラノ、ボーイアルト:東京少年少女合唱隊メンバー(同指導:長谷川久恵) 
合唱:栗友会合唱団 (同指揮:栗山文昭)
副指揮:伊藤翔
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団


助成:公益財団法人ロームミュージックファンデーション

 

CD

宮川彬良作品集 風のオリヴァストロ / 宮川彬良&新日本フィル
Akira Miyagawa & New Japan Philharmonic

宮川彬良作品集 風のオリヴァストロ / 宮川彬良&新日本フィル<br />Akira Miyagawa & New Japan Philharmonic

商品番号:VICL63904
レーベル:ビクターエンタテインメント
発売日:2012/7/25

価格: 2,500 円 (税込)

『コンチェルタンテⅡ』のテーマ曲「風のオリヴァストロ」に
韓国語詞と日本語詞がついたオリジナルバージョンが発売になりました!

Youtubeで「風のオリヴァストロ」日本語&韓国語ver. を試聴できます!
http://www.njp.or.jp/archives/8096


すでにコンチェルタンテII のテーマ曲としてもおなじみの「風のオリヴァストロ」が、日本語と韓国語の歌になりました。さらに“宝物の声”をもつ韓国の人気バラード歌手、ソン・シギョンを迎えて奇跡のコラボレーションが実現。

また、ポール・ギャリコ作のファンタジー「雪のひとひら」にインスピレーションを得た、書き下ろしの新曲3曲も同時収録されています。
 

出演

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団  
指揮&ピアノ:宮川彬良  
歌:ソン・シギョン(Track1&5)
 

収録曲
 
 
1、風のオリヴァストロ(韓国語ver.) 作詞:イ・ミナ
2、雪のひとひら
3、雨のしずく
4、海と太陽
  2~4 : Inspired byポール・ギャリコ『雪のひとひら』(新潮文庫)
5、風のオリヴァストロ(日本語ver.)  作詞:安田佑子
6、風のオリヴァストロ(Instrumental)
 

CD

ゲルハルト・ボッセ追悼盤/ゲルハルト・ボッセ&新日本フィル
Gerhard Bosse&New Japan Philharmonic

ゲルハルト・ボッセ追悼盤/ゲルハルト・ボッセ&新日本フィル<br />Gerhard Bosse&New Japan Philharmonic

カテゴリー:交響曲
商品番号:ALT 231
レーベル:ALTUS
発売日:2012/4/17

価格: 2,500 円 (税込)

内容
★一般価格¥3,035(税込)のところ、新日本フィルでは特別価格¥2,500!
 

一世一代の圧倒的名演!
ボッセ&新日本フィルの両者がきわめた頂点の記録


「2011年5月にすみだトリフォニーで収録されたシューベルト『ロザムンデ』序曲とモーツァルトの交響曲第39番は、ボッセと新日本フィルの最後の共演となったものである。非常に充実した響きでありながら、老練な重厚さとはまったく違う暖かさと明るさ、そして若々しさを感じさせるのが晩年のボッセの演奏スタイルであったが、どちらの曲もこうしたボッセならではの美点が遺憾なく発揮されている。とりわけモーツァルトにおけるノンヴィブラートや硬質のティンパニが創り上げる古楽的な響きは、老境に達してもなお探究心と好奇心を失わなかったボッセの、音楽家としての姿勢を象徴するかのようだ。
 一方、『運命』はその前年の2010年4月、同じく、すみだトリフォニーホールで収録されたものだが、これはボッセ&新日本フィルの両者がきわめた頂点というだけでなく、ボッセという偉大な音楽家がこの世で遂げた本懐であると言っても過言でないほどの、一世一代の圧倒的名演となったのである。」(音楽評論家・岩野裕一)ライナーノートより

指揮:ゲルハルト・ボッセ(新日本フィル ミュージック・アドヴァイザー Music Adviser)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
 

録音
2010年4月2,3日(ベートーヴェン) 第13回新・クラシックへの扉 
2011年5月13,14日(シューベルト、モーツァルト第5回新・クラシックへの扉
すみだトリフォニーホール ライヴ・レコーディング
 

収録曲
1, シューベルト:『ロザムンデ』序曲
2, モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 K.543
3, ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
 

CD

ブルックナー:交響曲第7番/ クリスティアン・アルミンク指揮
Bruckner: Symphony No.7, Cd. Christian Arming

ブルックナー:交響曲第7番/ クリスティアン・アルミンク指揮<br />Bruckner: Symphony No.7, Cd. Christian Arming

カテゴリー:交響曲
レーベル:フォンテック
発売日:2012/3/7

価格: 2,500 円 (税込)

アルミンク&新日本フィルの第9弾CD!

内容
2003年の音楽監督就任からリリースを開始したアルミンク=新日本フィルCD第9弾は待望のブルックナー第7番です。自国の偉大な作曲家の交響曲に慎重な姿勢を示してきたアルミンクですが、新日本フィルとの関係が円熟期を迎えたいま、因習や虚飾とは無縁、真摯に純音楽的なブルックナーを体現しました。ハース版を遵守したこの演奏は、第2楽章のクライマックスから打楽器を排し、ワーグナーの訃報に接したブルックナーの慟哭が痛切に聴こえてきます。アルミンク/ 新日本フィルのブルックナー—その無垢なまでのアプローチは、両者のこれまでのCD同様、聴き手に清冽な共感を呼び起こさずにはいられません。(フォンテック)

指揮:クリスティアン・アルミンク
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

録音  
2011年9月9日・10日(第482回定期演奏会、会場:すみだトリフォニーホール) 
ライヴ・レコーディング

収録曲
ブルックナー:交響曲第7番(ハース版)

CD

マーラー : 交響曲第9番 山田一雄 (指揮)&新日本フィル
Mahler : Symphony No.9 / Cd.Kazuo Yamada

マーラー : 交響曲第9番 山田一雄 (指揮)&新日本フィル<br/ > Mahler : Symphony No.9 / Cd.Kazuo Yamada

レーベル:フォンテック
発売日:2011/8/3

価格: 2,500 円 (税込)

内容

●平成23年度(第66回)文化庁芸術祭賞大賞受賞しました!

<受賞理由>
山田一雄指揮による同曲の演奏は、師プリングスハイムの東京音楽学校(現東京藝大)における1930年代の積極的なマーラー公演から半世紀、日本音楽界におけるマーラー演奏の到達した一つの頂点
として貴重な記録である。1986年のライヴ録音を通じて、過去から現在に至るマーラー演奏の歴史性
が明らかにされる。その高い芸術性と記録性は大賞にふさわしいといえよう。
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/23_geijutsusaishou_ver02.pdf



ヤマカズ伝説のライブ!
山田一雄、日本藝術院賞受賞記念演奏会


山田一雄没後20年の2011年、初めて発売される『マーラー:交響曲第9番』です。昭和の日本楽壇を常にリードし、洋楽黎明期の聴衆、オーケストラを育てあげた大指揮者、山田一雄(1912-91)。その情熱に溢れた演奏と活動は<真の芸術家>を体現するものでした。

古典から現代におよぶ山田のレパートリーのなかで、マーラーは特別な存在です。作曲者が憑依したかのような劇的な演奏は“世界的権威”と呼ぶに相応しく、自他共に認めるスペシャリストでした。
マーラーの最高傑作「第九交響曲」―90分を超えるこの演奏は、全身全霊を音楽に捧げた巨匠の魂の鳴動です。

録音:1986年6月7日東京文化会館  ライヴ・レコーディング


収録曲

マーラー:交響曲第9番 二長調

CD

ヴェルディ:レクイエム / アルミンク指揮、ファンティーニ(Sop.)、プルデンスカヤ(Mez.Sop)、マクアリスター(Ten.)、ルーカス(Bas.)、栗友会合唱団
Verdi Requiem / Cd.Arming, Sop:Fantini, Mez-Sop : Prudenskaya, Ten : MacAllister, Bas : Lukas, Cho: Ritsuyukai Choir

ヴェルディ:レクイエム / アルミンク指揮、ファンティーニ(Sop.)、プルデンスカヤ(Mez.Sop)、マクアリスター(Ten.)、ルーカス(Bas.)、栗友会合唱団<br />Verdi Requiem / Cd.Arming, Sop:Fantini, Mez-Sop : Prudenskaya, Ten : MacAllister, Bas : Lukas, Cho: Ritsuyukai Choir

カテゴリー:声楽曲
商品番号:FOCD6006/7
レーベル:フォンテック
発売日:2011/2/20

価格: 3,500 円 (税込)


内容

アルミンク&新日本フィル第6弾。前作シュミット「七つの封印を有する書」に続く歌唱を含む大規模作品、今回はヴェルディ畢生の大作「レクイエム」です。
「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」という原題を持つこの作品。タイトルが示すとおり、ヴェルディはイタリアの文豪を追悼するため、このレクイエムを作曲しました。
アルミンク&新日本フィルの演奏は、作品が有する壮大かつ劇的な側面を強調するアプローチとは一線を画し、純音楽的な表現で巨大な作品の細部まで明晰に示します。これは作曲者が望んだ「このミサ曲をオペラのように歌ってはならない」という強い意志を具現化するものです。ソリスト・合唱団の十全な歌唱とともに、因習から解放された「ヴェルディ/レクイエム」の登場です。

出演

指揮:クリスティアン・アルミンク
ソプラノ:ノルマ・ファンティーニ
メゾ・ソプラノ:マリナ・プルデンスカヤ
テノール:スコット・マクアリスター
バス:ラルフ・ルーカス
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

録音

2010年9月10日、11日(#467定期演奏会) 
すみだトリフォニーホール ライブ・レコーディング

収録曲

ヴェルディ作曲 レクイエム

1 | 2 | 3 | 4 次へ>>