News

お知らせ

2021年1月~3月定期演奏会 プログラム・出演者 変更・追加のお知らせ (10/20更新)

2021年1月~3月に予定される定期演奏会につきまして、プログラム・出演者を一部変更・追加させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。

 

【#629 ジェイド 1/30(土)】

(変更前)

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1 番 ニ長調 o p. 6 MS 21

リスト:ダンテの『神曲』による交響曲 S 109/R 426

 

指揮:ルネ・ベルグマン、ヴァイオリン:吉村妃鞠、合唱:栗友会合唱団

 

(変更後)

スメタナ: 歌劇 『 売られた花嫁 』 序曲

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第 1 番 ニ長調 o p. 6 MS 21

ドヴォルジャーク: 交響曲第 8 番 ト長調 o p. 88, B. 163

 

指揮:広上淳一ヴァイオリン: 吉村妃鞠

 

#629 ジェイド〈サントリーホール・シリーズ〉

 

当初出演予定であったルネ・ベルグマン氏は、入国制限の状況を見極めておりましたが、入国の目途が立たないと判断し、残念ながら変更となりました。また、編成の都合上、プログラムも併せて変更させていただきます。

 

【#630、#36出演予定上岡敏之の状況について】

ルビー#36(1/15・16)#630 トパーズ(2/5・6)出演予定の指揮者上岡敏之氏(在独)については、現段階では出演の方向で調整を進めておりますが、今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況、上岡氏の体調、医師の診断等を総合的に判断し決定する予定です。