News

お知らせ

試演動画公開と7/2(木)演奏会再開に向けての取組みについて

6月9日にすみだトリフォニーホール(公益財団法人墨田区文化振興財団)の協力、また感染症に詳しい医師のアドバイスのもと、演奏会再開に向けての試演を行いました。

試演の概要はこちら

 

今回の試演をふまえ、7月2日サントリーホールでの定期演奏会ジェイドについて、舞台・舞台裏は以下のような対応で実施いたします。

 

舞台

  1. 全ての出演者・スタッフは、本番前のリハーサル2週間前から検温を実施、咳、倦怠感、味覚の異常がないかなど体調チェックリストを用いて、体調管理には万全を期します。
  2. 奏者間の距離は、左右、前後1.5mを基本に、金管と木管の間は2mを目安に間隔を拡げます。
  3. 金管楽器の吹き出し口への不織布の装着はいたしません。
  4. 管楽器の唾(水分)は使い捨ての吸水シートを用いて処理します。
  5. 奏者はゴーグルを装着いたしません。なお、マスクの着用については現在検討中です。
  6. ホール内の換気は、ビル管理法に基づく要求水準を満たしておりますので、上手・下手のドアは通常通り閉めさせていただきます。
  7. 最前列については空席にし、舞台と距離を取ります。

※試演動画内にございますビニールシート、アクリル板につきましては演奏上の支障があると判断し使用いたしません。(飛沫については奏者間の距離を十分とることにより問題ないと判断しております)

 

舞台裏

密を避けるため、以下のような対策を実施いたします。

・アルコールの消毒液を舞台袖、楽屋等に設置いたします。

・舞台袖での音出しは原則禁止とし、別途リハーサル室やドアを開放した楽屋などを確保、開場後はステージ上で音出しをさせていただきます。

・舞台袖、楽屋での座る場所を制限いたします。

・吸水シートなどのゴミは、ホールのゴミ箱を使用せず別途ゴミ袋を用意いたします。


【ご注意】

演奏会にご来場の際は、以下のリンク先を必ずご確認ください。

ご来場についてのお願い事項(PDF)

【重要】 サントリーホールにおける新型コロナウイルス感染症対策およびご来場される皆さまへのお願い(サントリーホール)

なお上記は6月22日現在の対応であり、今後の状況により変更させていただく場合がございます。


第621回 定期演奏会 ジェイド 詳細はこちら