TEL

新日本フィル チケットボックス

03-5610-3815

平日:10〜18時 土:10〜15時/日祝休

MENU

TICKET

Points of appreciation

片桐卓也 の ≪鑑賞のツボ≫

片桐卓也 の ≪鑑賞のツボ≫近現代の音楽を得意とするデュトワが気鋭の北村と共演する注目の演奏会 第638回定期演奏会

片桐卓也 の ≪鑑賞のツボ≫近現代の音楽を得意とするデュトワが気鋭の北村と共演する注目の演奏会 第638回定期演奏会

近現代の音楽を得意とするデュトワが気鋭の北村と共演する注目の演奏会

 

モントリオール交響楽団を世界一のオーケストラに育て上げ、日本でもNHK交響楽団の常任指揮者、音楽監督として活躍した名匠シャルル・デュトワが登場する。武満徹「弦楽のためのレクイエム」に始まり、来日時にその武満の才能を発見したストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」(1911年版)、武満が敬愛していたフランス近代のラヴェルのピアノ協奏曲ト長調と「ラ・ヴァルス」という20世紀の天才たちの響宴だ。
ラヴェルのピアノ協奏曲には、気鋭のピアニストとして注目を集める北村朋幹が起用される。古典から現代の作品まで、その優れた感性で鋭く切り込む北村が、デュトワのタクトのもとでどんな輝きを見せてくれるのか、とても楽しみだ。しかも北村は「ペトルーシュカ」にも参加してピアノ・パートを弾く。音楽を愛する北村らしい取り組みにも注目したい。もちろん近代音楽でのデュトワの優れたリードは定評のあるところ。大編成の「ラ・ヴァルス」など、新日本フィルの魅力も全開となるだろう。

関連コンサート

 

#638 〈トリフォニーホール・シリーズ〉

2021年11月27日(土)14:00~ すみだトリフォニーホール

 

#638 〈サントリーホール・シリーズ〉

2021年11月29日(月)19:00~ サントリーホール