TEL

新日本フィル チケットボックス

03-5610-3815

平日:10〜18時 土:10〜15時/日祝休

MENU

TICKET

Video

動画

#632トパーズ(2021/4/16・17)井上道義氏(指揮)・豊嶋泰嗣氏(ヴァイオリン)よりメッセージ

#632トパーズ(2021/4/16・17)井上道義氏(指揮)・豊嶋泰嗣氏(ヴァイオリン)よりメッセージ

井上道義氏(指揮)が語る「本公演はココがスゴい!」

「豊嶋泰嗣桂冠名誉コンサートマスターがバルトークのヴァイオリン協奏曲のソリストを務め、シェエラザードの有名なソロは崔文洙ソロ・コンサートマスターが弾きます。2人のコンサートマスターが同じ日に出演する、これを恐れずにできるのはすごいことです。二度とない機会かもしれませんどちらの曲も、それぞれ2人にピッタリです」

「ヴァイオリン協奏曲第1番は、踊りたくなるような、聴いていて楽しい曲です。この曲はバルトークが生きている間に演奏されませんでした。あまりに人々の身近にあった音楽であったために、面白くないと思われてしまったのかもしれません。豊嶋さんと一緒に、踊り出したくなるような演奏をお届けします。」


 

「念願のバルトーク ヴァイオリン協奏曲第1番を」豊嶋泰嗣氏(NJP桂冠名誉コンサートマスター)よりメッセージ

「2018年3月に(上岡敏之音楽監督指揮、新日本フィルの演奏会で)バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏しましたが、今回念願が叶って、第1番を取り上げます。長年勉強してきた曲ですが、ステージで演奏するのはこれが初めてです」

「冒頭がソリスト1人で始まり、続くオーケストラもヴァイオリンが1~2本、という珍しい協奏曲です。2楽章形式で、第1楽章(Andante sostenuto)、第2楽章(Allegro giocoso)のキャラクターが全く異なります」

「ほとんどのお客様にとって初めて聴く曲かと思います。どうぞお楽しみに」

#632トパーズ〈トリフォニー・シリーズ〉

4/16(金)19:15開演(開場18:15)/ 4/17(金) 14:00開演(開場13:00)

【プログラム】

バルトーク:ルーマニア舞曲、ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 BB 48a/Sz. 36*
リムスキー=コルサコフ:シェエラザード op. 35

【出演者】

指揮:井上道義、ヴァイオリン:豊嶋泰嗣*

#632トパーズ〈トリフォニー・シリーズ〉