その他

ベートーヴェン生誕250年記念企画 9月開幕新シーズン 交響曲 連続演奏への道

ベートーヴェン生誕250年記念企画

9月開幕新シーズン 交響曲 連続演奏への道

~記録音源で振り返るこれまでの新日本フィル×ベートーヴェン交響曲~

演奏活動自粛期間中の皆様からのご支援、誠にありがとうございました。

おかげさまをもちまして、新日本フィルは7月より演奏活動を再開いたしました。

今年は1770年に生まれたベートーヴェンの生誕250年の年に当たります。世界各地でメモリアルイヤーにちなんだ様々なイベントが企画されてきましたが、新日本フィルも9月に開幕する新シーズンにおいて定期演奏会ルビーを中心に、ベートーヴェンの交響曲を連続して演奏する予定です。

新日本フィルとベートーヴェンの交響曲との出会いは1972年の楽団結成特別演奏会で、そのときの演奏曲は第3番「英雄」、指揮は現桂冠名誉指揮者 小澤征爾でした。以来、様々な時・場所で演奏を重ね、その回数はのべ970余回に及び、間もなく通算1000回を迎えます。

ここでは、比較的最近の演奏会から、新日本フィルとゆかりのある指揮者との演奏記録と、これからの演奏会の紹介をします。

交響曲第1番

名曲シリーズ〈新・クラシックへの扉〉第53回

2016年3月25日、26日 指揮:鈴木秀美 使用楽譜:Bärenreiter版

 

ブリュッヘンの「18世紀オーケストラ」にも在籍し、ピリオド楽器の名手として国内外で活躍するチェリスト・指揮者 鈴木秀美が新日本フィルに初登場したときの演奏。マエストロは2021年3月26日、27日の「定期演奏会ルビー第38回」にて交響曲第5番「運命」を指揮します。

第1番 今後の演奏

新日本フィル第九特別演奏会

2020年12月17日(木)横浜みなとみらいホール、18日(金)オーチャードホール、19日(土)サントリーホール、20日(日)すみだトリフォニーホール 

指揮:広上淳一

国内外の一流オーケストラとの共演歴を誇る広上淳一による第九特別演奏会で第1番もお楽しみください。

※同時演奏曲:交響曲第9番「合唱付き」

交響曲第2番

≪ベートーヴェン・プロジェクト≫ [Aプロ]

2011年2月8日 指揮:フランス・ブリュッヘン 使用楽譜:Bärenreiter版

 

「18世紀オーケストラ」を率いた古楽界の巨人ブリュッヘン。2005年日本のオーケストラ初指揮も2013年最後の来日も新日本フィルの演奏会でした。そしてこのプロジェクトは2週間で交響曲全曲を演奏するというもので、両者の厚い信頼関係により成しえた演奏会でした。

第2番 今後の演奏

すみだ平和祈念コンサート(予定)

2021年3月10日(水)すみだトリフォニーホール(予定)

指揮:上岡敏之(音楽監督)

毎年3月に開催されるすみだ平和祈念音楽祭のプログラムの1つとして、第2番を演奏する予定です。

交響曲第3番「英雄」

第443回定期演奏会〈サントリーホール・シリーズ〉

2009年3月11日 指揮:ダニエル・ハーディング(Music Partner of NJP [2010年9月~2016年8月]) 使用楽譜:Bärenreiter版

 

この前々年、前年と共演したハーディングは、3年目の共演で定期演奏会に登場となりました。ハーディングが定期演奏会でベートーヴェンの交響曲を指揮したのは意外にも他は第7番のみ。今となっては貴重な演奏記録となりました。

第3番「英雄」 今後の演奏

定期演奏会 ルビー 第40回

2021年7月9日(金)、10日(土)すみだトリフォニーホール

指揮:鈴木雅明

バッハ演奏の第一人者として名声を博す鈴木雅明指揮による「英雄」で連続演奏のラストを飾ります。

※同時演奏曲:交響曲第4番

交響曲第4番

東京スカイツリー®・オープン×トリフォニ-ホール開館15周年×新日本フィル創立40周年 〈1万人の「ベートーヴェン・ザ・634」〉

2012年5月31日 指揮:小泉和裕(初代音楽監督 [1975年1月~1979年12月]) 使用楽譜:Breitkopf版

 

1975年、初代音楽監督に就任したとき小泉和裕は25歳。以来マエストロと新日本フィルは長い関係を続けてきました。本演奏は2012年東京スカイツリーのオープン等を祝い、高さ634メートルにちなんで第6番、第3番、第4番を3日間にわたって演奏したものです。

第4番 今後の演奏

定期演奏会 ルビー 第40回

2021年7月9日(金)、10日(土)すみだトリフォニーホール

指揮:鈴木雅明

第3番「英雄」とともに鈴木雅明指揮にご期待ください。

※同時演奏曲:交響曲第3番「英雄」

交響曲第5番「運命」

名曲シリーズ〈新・クラシックへの扉〉 第5回

2010年4月2日、3日 指揮:ゲルハルト・ボッセ (首席客演指揮者 [2000年9月~2003年8月])/ミュージック・アドヴァイザー 使用楽譜:Bärenreiter版

 

フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、シューリヒト、カラヤンら巨匠のタクトで演奏し、ゲヴァントハウス管弦楽団で第1コンサートマスターを30年以上務めた名匠は、ベートーヴェン交響曲全曲シリーズほか数多くの演奏を通じて、新日本フィルに音楽の真髄を伝えました。

第5番「運命」 今後の演奏

定期演奏会 ルビー 第38回

2021年3月26日(金)、27日(土)すみだトリフォニーホール

指揮:鈴木秀美

2016年の第1番だけでなく2017年のハイドン「天地創造」でもオーケストラに新風を吹き込んだ鈴木秀美の「運命」はいかに・・・

交響曲第6番「田園」

第524回定期演奏会〈トリフォニー・シリーズ〉

2014年4月18日、19日 上岡敏之(第4代音楽監督 [2016年9月~ ]) 使用楽譜:Bärenreiter版

 

現音楽監督上岡敏之が3度目の客演で初めてベートーヴェンを指揮した演奏。この後上岡と新日本フィルは交響曲第1番、第4番、第5番、第7番を演奏しています。来たる2021年1月15日、16日、「定期演奏会ルビー第36回」で再び第6番「田園」を演奏します。
(音源提供:オクタヴィア・レコード)

第6番「田園」 今後の演奏

定期演奏会 ルビー 第36回

2021年1月15日(金)、16日(土)すみだトリフォニーホール

指揮:上岡敏之(音楽監督)

6年の時を経て、上岡の解釈は変わるのか?再演が大変楽しみな「田園」です。

※同時演奏曲:交響曲第8番

交響曲第7番

第530回定期演奏会〈サントリーホール・シリーズ〉

2014年9月29日 インゴ・メッツマッハー(Conductor in Residence [2013年9月~2015年8月]) 使用楽譜:Bärenreiter版

 

コンダクター・イン・レジデンスとして、話題性のあるプログラムでオーケストラと聴衆を刺激してきたメッツマッハー。この日のプログラムもドイツの現代作曲家B.A.ツィンマーマン「ユビュ王の晩餐のための音楽」他1作品との組み合わせでした。

第7番 今後の演奏

定期演奏会 ルビー 第34回

2020年10月16日(金)、17日(土)すみだトリフォニーホール

指揮:外山雄三

外山雄三は意外にも定期演奏会に初登場。どのような音を引き出すのか、89歳の”ベト7″に期待が高まります。

交響曲第8番

朝比奈隆&新日本フィル ベートーヴェン・チクルス第3回

1998年2月26日 指揮:朝比奈隆(指揮者団 顧問 [1975年3月~2002年7月]/名誉団友) 使用楽譜:Breitkopf版

 

楽団創立初期より楽団顧問として新日本フィルの発展を支えた朝比奈隆。新日本フィルとは1988年~89年と1997年~98年の2度にわたりベートーヴェン・チクルスを展開しました。この演奏は2度目のチクルスで、マエストロ89歳のときのものです。

(音源提供:フォンテック)

第8番 今後の演奏

定期演奏会 ルビー 第36回

2021年1月15日(金)、16日(土)すみだトリフォニーホール

指揮:上岡敏之(音楽監督)

指揮者の個性がとてもよく表われる第8番。第6番同様、上岡の解釈が大変楽しみです。

※同時演奏曲:交響曲第6番「田園」

交響曲第9番「合唱付き」

第403回定期演奏会〈サントリーホール・シリーズ〉

2006年7月28日 クリスティアン・アルミンク(第3代音楽監督 [2003年10月~2013年8月]) 使用楽譜:Bärenreiter版

 

10年に及ぶ音楽監督在任期間での様々なシリーズを通して、アルミンクと新日本フィルはベートーヴェンの交響曲全曲を演奏しています。

(音源提供:フォンテック)

第9番「合唱付き」 今後の演奏

「第九」特別演奏会

2020年12月17日(木)横浜みなとみらいホール、18日(金)オーチャードホール、19日(土)サントリーホール、20日(日)すみだトリフォニーホール

指揮:広上淳一

第九特別演奏会は東京、横浜で4公演開催。お好きな公演をお選びください。

※同時演奏曲:交響曲第1番

8/20(木)~9/9(水)

<定期演奏会ルビー>S席シリーズ連続券ご購入者に新日本フィル×ベートーヴェン生誕250年 Tシャツ プレゼント!

※本キャンペーンは終了いたしました。

交響曲第3番、第4番、第5番、第6番、第7番、第8番を演奏する【定期演奏会ルビー】のS席をシリーズ連続券(全8回)でご購入されたお客さまにもれなく、新日本フィル特製ベートーヴェン生誕250年記念Tシャツをプレゼントします。

ベートヴェン(1770-1827)と10歳違いで墨田区に生まれた葛飾北斎(1760-1849)作≪神奈川沖浪裏≫と、ベートーヴェンが一つになった、数ある生誕250年記念グッズの中でも新日本フィルならではオリジナリティーに溢れた記念グッズです。

プレゼント対象者:定期演奏会ルビーS席シリーズ連続券(全8回)ご購入の方
プレゼント対象期間:8/20(木)~9/9(水)
サイズ:S,M,L,XL
色:紺

受付:新日本フィル・チケットボックスまでお電話でご予約ください。
03-5610-3815 (平日10時~18時、土10時~15時、日祝休)

※WEBからのお申込みは受け付けておりません。
※商品のお引き渡しは9月下旬、郵送を予定しております。

連続券の詳細はこちら