About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

テノール:与儀 巧

Takumi Yogi
国立音楽大学卒業。同大学院修了後、ボローニャに留学。
第6回東京音楽コンクール第1位、及び聴衆賞受賞。
オペラでは『コシ・ファン・トゥッテ』フェランド、『愛の妙薬』ネモリーノ、『椿姫』アルフレード、『パリアッチ』ベッペ等を演じており、‘14年準・メルクル指揮二期会『イドメネオ』ではタイトル・ロールに抜擢され成功を収めた。他にもNHK音楽祭でのゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団『サロメ』、カンブルラン指揮読売日本交響楽団『トリスタンとイゾルデ』(以上、演奏会形式)等で公演の成功に寄与。
最近では、びわ湖ホール『ラインの黄金』ミーメで高い評価を得、同役は日本フィル公演でも急遽代役を演じ、公演の窮地を救った。また、新国立劇場『オテロ』カッシオは、海外からの招聘キャストとの共演に於いて卓越した歌唱を披露し絶賛された。
‘13年には紀尾井ホール主催により東京での本格的なリサイタルデビューを飾っている。放送のジャンルでもNHK「リサイタル・ノヴァ」や「名曲アルバム」、「クラシック倶楽部」等に出演している。二期会会員