About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

アルト:清水 華澄

Kasumi Shimizu
国立音楽大学卒業。同大学院、及び新国立劇場オペラ研修所修了後、渡伊。留学中、ウィーンバーデン市立劇場『こうもり』に出演。国内では新国立劇場『オテロ』エミーリア、『ラインの黄金』フロスヒルデ、日生劇場『アイナダマール』ロルカ、『ルサルカ』イェジババ、二期会『カヴァレリア・ルスティカーナ』サントゥッツァ、同『ドン・カルロ』エボリ公女、同『イル・トロヴァトーレ』アズチェーナ、『ローエングリン』オルトルート等に出演。コンサートでもヴェルディ「レクイエム」、メンデルスゾーン「エリヤ」、マーラー「復活」、「千人の交響曲」、ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」、Rシュトラウス「四つの最後の歌」等で国内外の著名指揮者から信頼される卓越した歌唱と豊かな音楽性を披露。18年6月には紀尾井ホールにて自身初のリサイタルを開催し、その模様はNHKでも放送された。今秋は札幌文化芸術劇場杮落とし公演をはじめとする全国各地でのA.バッティストーニ指揮『アイーダ』にアムネリスで出演。第6回カルロス・ゴメス国際コンクール第2位。二期会会員