TEL

新日本フィル チケットボックス

03-5610-3815

平日:10〜18時 土:10〜15時/日祝休

MENU

TICKET

Concert

コンサート|定期演奏会:TOPAZ

#574 トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

© K.Miura

2017.06.02 FRI 19:00 開演

2017.06.03 SAT 14:00 開演

新日本フィル・チケットオンライン

03-5610-3815
(月~金:10時〜18時、土:10時〜15時 、日曜祝日は休み)

日時・会場

 

出演者

  • 指揮 鈴木 秀美 Hidemi Suzuki, conductor
  • ソプラノ 中江 早希 Saki Nakae, soprano
  • テノール 櫻田 亮 Makoto Sakurada, tenor
  • バス 多田羅 迪夫 Michio Tatara, bass
  • 合唱 コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタート Coro Libero Classico Aumentato, chorus

  • ハイドン:オラトリオ『天地創造』 Haydn: Die Schöpfung
  • 優先発売【1】(対象:定期会員・パトロネージュ会員):2017年1月21日(土)10:00A.M.~
  • 優先発売【2】(対象:マイプラン会員*):2017年1月24日(火)10:00A.M.~
  • 一般発売:2017年1月28日(土)10:00A.M.~

*2016/17シーズン定期演奏会をマイプランで購入された方が対象です。

S席A席B席C席
価格7,000円6,000円5,000円4,000円
残席状況
  • ○・・・余裕あり
  • △・・・残りわずか
  • ×・・・完売
  • -・・・発売前

プレイガイド

新日本フィル・チケットボックス

TEL.03-5610-3815

(平日:10-18時/土:10-15時/日祝:休)、FAX.03-5610-3825(24時間受付)

新日本フィル・チケットオンライン

新日本フィル・チケットオンライン

03-5610-3815
(月~金:10時〜18時、土:10時〜15時 、日曜祝日は休み)

Points of appreciation

片桐卓也 の ≪鑑賞のツボ≫

MORE

MORE

鈴木秀美コメント

■「天地創造」の魅力とは?
「天地創造及びハイドンの宗教作品全般に聴かれるのは、何と言ってもまず​​​ハイドンの確かな信仰です。それは、激しくなったり荒々しくなったりはしないかもしれませんが確固たるもので、全体に大きな安心をもたらしてくれますし、そこここに表される神への感謝は、自然への感謝、今日生きていることへの感謝として、聴く人が何教であっても共有できる感覚だと思います。 晩年の作である《天地創造》では、管弦楽・声楽共に熟知したハイドンならではの響きが壮大な世界を創り出しますが、同時に「田舎の出である」ことをいつも誇りに思っていた彼の、自然への愛着や慈しみが聞こえて来ます。標題音楽というわけではありません​が、​雨風や雷、或いは動物の様など大自然の様子を模した表現の​いろいろは楽しいものです。​​​​」

■新日本フィルとの共演にあたって
「新日本フィルとは前回の共演も楽しませていただき、今回も大いに期待しています。彼らは、私が大いに学んだF.ブリュッヘンと​​何度も演奏されていて、その経験はメンバーが替わったとしてもどこかに生きていると思います。何かしら共通の価値観・美観を見出して音楽造りをするのは幸せなことです。」

■ソリストについて
「今公演では、天使役であるソリストを若手・中堅・大御所の3人がやって下さるのも​、そしてまた合唱団《コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタート​(CLC拡張版)》と演奏するのも大いに楽しみです。 」

天地創造 歌詞対訳

数字をクリックするとPDFデータが表示されます
※禁・無断転載および引用

主催:公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団
共催:すみだトリフォニーホール
助成:公益財団法人 三菱 UFJ 信託芸術文化財団
助成:公益財団法人 アフィニス文化財団
「音楽文化の担い手としてのプロ・オーケストラが主催する、わが国ならびに各楽団が活動の重点を置いている地域にとって意義がある企画」として選ばれました。
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

ご注意

  • 都合により予告なく出演者・曲目等が変更になる場合がございます。
  • 座席表PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
  • 演奏会中止の場合を除き、ご予約・ご購入後のチケットの払い戻し・変更・キャンセル等はお受けしておりません。