新日本フィルハーモニー交響楽団

教育・社会貢献

新日本フィルハーモニー交響楽団は、青少年に対する音楽普及活動や福祉施設での演奏など、様々な教育・社会活動を展開しています。

教育・社会貢献イメージ写真

新日本フィルは自主運営のオーケストラとして1972年に誕生して以来、日本の芸術文化の普及・発展に努めてきました。さらに、すみだトリフォニーホールの開館(1997年)と同時に拠点を同ホールに移したことは様々なコミュニティ・プログラムを実施する上で大きなインパクトとなりました。活動の中心となる拠点を得たことで、コミュニティ・プログラムを実施する地域の核を得ることとなり、地域とのつながりがいっそう強化され、オーケストラの認知や存在意義にも繋がってきています。

現在、フランチャイズとする墨田区を中心に、その活動の幅を三重県津市、岐阜県可児市へ広げてきました。墨田での継続的なコミュニティ・プログラムへの取り組みにより、地域拠点都市からの要請に応えられる内容にもつながっています。

オーケストラがこれからの社会やコミュニティに果たす役割の中で、音楽芸術とオーケストラのもつ可能性は限りなくひろがっています。

地域を育み、人と人との間に響きをもたらすオーケストラとして、すべての人の心に届く音楽を、これからも新日本フィルは奏で続けていきます。

ページの先頭へ