新日本フィルハーモニー交響楽団

特別演奏会『第九』特別演奏会2017 スターツ ハートフルコンサート(サントリーホール)

マルク・アンドレーエ
Marc Andreae

森谷真理

森谷 真理
Mari Moriya
© 武藤 章

山下牧子 makiko yamashita

山下牧子
Makiko Yamashita

大槻 孝志

大槻 孝志
Takashi Otsuki

久保和範 kazunori Kubo

久保 和範
Kazunori Kubo

椎名雄一郎

椎名雄一郎
Yuichiro Shiina

スターツ小

日時・会場

プログラム

  • J.S. バッハ: シュープラー・コラール集より「目覚めよと物見らの呼ぶ声あり」 BWV 645*
    Wachet auf, ruft uns die Stimme, BWV 645 (‘Sleepers, awake’) from Schübler Chorales*
  • J.S. バッハ: 幻想曲とフーガ ト短調 BWV 542*
    Fantasia and Fugue in G Minor, BWV 542*
  • ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱付き』op.125
    Beethoven:Symphony No.9 in D minor op.125 “Choral”

出演者

指揮 マルク・アンドレーエ
Marc Andreae, conductor
オルガン 椎名雄一郎*
Yuichiro Shiina, organ*
ソプラノ 森谷 真理
Mari Moriya, soprano
アルト 山下 牧子
Makiko Yamashita, alto
テノール 大槻 孝志
Takashi Otsuki, tenor
バリトン 久保 和範
Kazunori Kubo, baritone
合唱 栗友会合唱団
Ritsuyukai Choir, chorus
合唱指揮 栗山 文昭
Fumiaki Kuriyama, chorus master

チケット

  • 優先発売【1】(対象:2017/18シーズン定期会員・パトロネージュ会員):2017年9月2日(土)10:00A.M.~
  • 優先発売【2】(対象:マイプラン会員*):2017年9月5日(火)10:00A.M.~
  • 一般発売:2017年9月9日(土)10:00A.M.~
  • *2017/18シーズン定期演奏会をマイプランで購入された方が対象です。
S席 A席 B席 C席
9,000円 8,000円 6,500円 5,000円
× ×

○…余裕あり △…残りわずか ×…完売 −…発売前

※学生(25歳以下):全席種3,000円(席数限定)(新日本フィル・チケットボックスでのみ取り扱い)

サントリーホール座席表

お問合せ・お申込み

新日本フィル・チケットボックス
Tel.03-5610-3815(平日:10-18時/土:10-15時/日祝:休)
Fax.03-5610-3828(24時間受付)

お申込み

新日本フィル・チケットオンラインチケットを購入

サントリーホールチケットセンター TEL:0570-55-0017
チケットぴあ TEL:0570-02-9999(Pコード:340-906)
インターネットで購入
e+(イープラス) インターネットで購入
ローソンチケット TEL:0570-084-003(Lコード:31657)
インターネットで購入
カンフェティチケットセンター TEL:0120-240-540
インターネットで購入

公演の聞きどころ

例年、様々な国から注目の若手指揮者を起用してきた、恒例の新日本フィル『第九』。
今年はスイスの名匠マルク・アンドレーエに歓喜のタクトをゆだねます。

マルク・アンドレーエ Marc Andreae, conductor

スイスの著名な音楽一家に生まれる。チューリヒ音楽大学で学んだ後、パリでナディア・ブーランジェに、ローマとシエナでフランコ・フェラーラに師事する。1966年、ルドルフ・ケンぺ/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団主催の指揮者コンクールで優勝し、1968年には、フィレンツェのAIDEM作曲コンクールで優勝を果たした。
1969~91年スイス・イタリア語放送管弦楽団の音楽監督を、1990~93年ミラノ・アンジェリクム管弦楽団の芸術監督を歴任し、1989年よりエンガディン交響楽団の正指揮者を務めている。1999/2000シーズンのゲッティンゲン交響楽団のコンダクター・イン・レジデンスとなり、2001年には自らイタリア・スブリア交響楽団を設立した。
東西ヨーロッパ、メキシコ、アジアのオーケストラに定期的に客演しており、これまでに、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ハンブルク・フィルハーモ二―管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ケルンWDR交響楽団、ウィーン交響楽団、hr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)、バンベルク交響楽団、プラハ交響楽団、フランス国立管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、ベルギー国立管弦楽団、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団、RAI国立交響楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団、バーゼル交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ボーンマス交響楽団、カメラータ・ザルツブルク、NHK交響楽団、読売日本交響楽団を指揮している。オペラでは、ドイツの古典派およびロマン派を得意とする一方、ロッシーニやドニゼッティの作品にも精通している。
また、ザルツブルク、ウィーン、ベルリン、パリ、フランドル、ミラノ、ルツェルン、フィレェンツェ、チューリッヒ、サンクトペテルブルク、アスコナ、ルガーノでの音楽祭にも登場しているほか、1996年にはベルリン交響楽団のイタリア・ツアーを、1998年にはハレ管弦楽団のツアーを指揮した。これまでに60を超えるCD、DVD、LPをリリースしており、2度のディスク大賞を獲得。1978年には、パウル・ヒンデミットの後継者として、イタリア・アントン・ブルックナー協会名誉会員に選出された。
1999年、ベルリン・フィルの総裁であったウルリヒ・メイヤー=シュールコフの推薦で、UBS銀行文化財団から指揮者としての功績を称える名誉賞を受賞する。さらに2005年には、サンマリノ政府よりオフィシエの称号を授与される。 新しい作品にも積極的に取り組み、これまでに、フェルドマン、グロボカール、ジョエル・ホフマンをはじめとする数多くの作曲家による作品を初演している。また、シューマン、リスト、チャイコフスキー、ウェーバー、ロッシーニ、ドニゼッティの作品を発掘し、編纂している。

主催:公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団
特別協賛:スターツグループ

ご注意

  • 都合により予告なく出演者・曲目等が変更になる場合がございます。
  • 座席表PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
  • 演奏会中止の場合を除き、ご予約・ご購入後のチケットの払い戻し・変更・キャンセル等はお受けしておりません。
  • 未就学児のご入場はご遠慮下さい。

アイコンの説明

NJPメンバーズカードをお持ちの方は、10%割引でご購入いただけます。NJPメンバーズカードをお持ちの方は、10%割引でご購入いただけます。
新日本フィル・チケットボックス/チケットオンラインへお申し込みください。

ページの先頭へ