新日本フィルハーモニー交響楽団

2017-2018シーズンプログラム発表!

2017-2018seasonprogram_H1

たいへんお待たせいたしました!
新日本フィルハーモニー交響楽団 2017/2018シーズンプログラム ラインナップを発表いたします。
「インターナショナルレベルの最高峰」を目指し、何よりもオーケストラの技量の向上に力を注ぐ上岡敏之音楽監督の就任2年目となる来シーズン。上岡監督とはもちろんのこと、客演指揮者・ソリストにも内外の一流の方々を集め、挑戦と飛躍の想いのこもった充実のラインナップが決定しました。
どうぞご期待ください!

上岡敏之 シーズンメッセージ

上岡敏之

私たちのチームも2年目に入ります。
世の中はめまぐるしく変化していますが、新日本フィルと私は、それとは違う世界で、でも絶対になくなってはいけない世界で、ゆっくりとしっかりした土台を築きながら、共に未来に向かって歩んでいます。
今シーズンも皆様がよくご存じの曲、そうでない曲、いろいろな方向から選んでいます。それぞれの演奏会には、私なりの考えや思い入れがあるのですが、それは秘密にしておきます。
オーケストラは、楽器ではありません。また、いくら昔とくらべて便利な世の中になったからといって、音楽を勉強するためのスピードが早くなるということもない。日々の努力を重ねながら、さらにその中から選ばれた人たちが楽器を演奏しているのです。それが、このシーズンではもっと新日本フィルの音、音楽として出てくることでしょう。
トパーズ、ジェイド、ルビー、サファイアと4つの石があっても、それらの、それぞれのなかで同じものがひとつもないように、新日本フィルもポジションや楽器に関係なく、その日のメンバーによって、音楽だけでなく、雰囲気までもが変わります。その上、同じメンバーで同一のプログラムだとしても、それぞれ音楽家が人間として成長していくわけですから、日々、演奏は変わっていくのです。
さて、これが演奏会になると、会場、時間、曜日に関係なく聴きにいらして下さる方々によっても変化します。私たちは、ステージに出ていくたびに、同じことが絶対にない、その日その瞬間にしかない客席のオーラを感じながら演奏しています。
さあ、新しいシーズン、いっしょに、どこにもない、すてきな世界を創っていきましょう。

2017/2018シーズンプログラム(PDF)

ページの先頭へ