新日本フィルハーモニー交響楽団

RUBY#5 ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>

クレメンス・シュルト

クレメンス・シュルト
Clemens Schuldt
© Felix Broede

park heyoon

パク・へユン
Hyeyoon Park
© Giorgia Bertazzi

#5 ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ> 公演パンフレット(PDF)

日時・会場

プログラム

  • ハイドン:交響曲第83番ト短調 Hob.I:83『めんどり』
    Haydn: Symphony No.83 in G minor Hob.I:83 “La poule”
  • J.S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042*
    J.S.Bach: Violin Concerto No.2 in E major BWV 1042*
  • ハイドン:交響曲第93番ニ長調 Hob.I:93
    Haydn: Symphony No.93 in D major Hob.I:93

出演者

指揮 クレメンス・シュルト
Clemens Schuldt, conductor
ヴァイオリン パク・へユン*
Hyeyoon Park, violin

座席表&チケット

  • 優先発売【1】(対象:定期会員・パトロネージュ会員):2016年9月3日(土)10:00A.M.~
  • 優先発売【2】(対象:マイプラン会員*):2016年9月6日(火)10:00A.M.~
  • 一般発売:2016年9月10日(土)10:00A.M.~
  • *2016/17シーズン定期演奏会をマイプランで購入された方が対象です。
  S席 A席
一般 4,500円 2,000円
シルバー(65歳以上) 3,500円
学生券 2,000円 1,000円
墨田在住・勤* 3,000円 1,500円
賛助会員 3,000円 1,500円
残席状況

○…余裕あり △…残りわずか ×…完売 −…発売前
*新日本フィル・チケットボックス、トリフォニーホールチケットセンターでのみの取扱い。

すみだトリフォニーホール座席表(PDF)

ランチプランバナー

お問合せ・お申込み

新日本フィル・チケットオンラインチケットを購入

お申込方法・取扱プレイガイドはこちら

新日本フィル・チケットボックス
Tel.03-5610-3815 (平日:10-18時、土:10-15時、日祝休)

片桐卓也の<鑑賞のツボ>

ドイツ期待の若手指揮者シュルト 国際的評価の高いヘユンの共演!

  とてもフレッシュな顔合わせ。しかも、それぞれの実力はすでに国際コンクールなどで証明されている。特にヴァイオリンのパ ク・ヘユンは難関として知られるミュンヘン国際音楽コンクールで、2009年、17歳の時に優勝している。指揮者のシュルトもロンドン交響楽団で世界的な巨匠のアシスタントをしつつ、ドイツ国内の歌劇場で指揮をし、2016年からは名門ミュンヘン室内管弦楽団の首席指揮者として活躍を始めた。
 ふたつのハイドンの交響曲、そしてJ. S. バッハのヴァイオリン協奏曲ホ長調(第2番)というプログラムは、春の兆しの感じられる午後に聴くにはぴったりだ。ハイドンの交響曲第83番「めんどり」はハイドンがパリを訪問した時に書いた6曲の交響曲の中の第2番目の作品。そして第93番はロンドンで発表した最初の交響曲で、ちょうど60歳頃の作品。作曲家として自由な活動を始めたハイドンの意欲が伝わって 来る。

主催:公益財団法人 新日本フィルハーモニー交響楽団
共催:すみだトリフォニーホール

文化庁

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

ご注意

  • 都合により予告なく出演者・曲目等が変更になる場合がございます。
  • 座席表PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
  • 演奏会中止の場合を除き、ご予約・ご購入後のチケットの払い戻し・変更・キャンセル等はお受けしておりません。
  • 未就学児のご入場はご遠慮下さい。

アイコンの説明

チケット・マイプラン対象公演です。チケット・マイプラン対象公演です。

託児サービス(1歳~小2)を実施いたします。(株)ポピンズ(TEL:03-3447-2292)にお申込下さい。このマークの演奏会では、託児サービスを実施いたします。
対象:1歳~小学2年生/¥2,000/人(託児・保険料の一部として)/完全予約制/※定員となり次第受付を終了させていただきます。
詳細・お申込み:株式会社ポピンズ Tel.03-3447-2292(2/24(金)締切)

開演後に空席がある場合、一般価格の半額で販売(休憩後から入場可)。開演後に空席がある場合、一般価格の半額で販売(休憩後から入場可)。

ページの先頭へ