About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

©Uwe Arens

オルガ・シェプス

Olga Scheps
オルガ・シェプス (ピアノ) Olga Scheps, piano

モスクワ生まれ。パヴェル・ギリロフに師事。アルフレート・ブレンデルからも、その才能を高く評価された。プラハの春、ルツェルン、ルール・ピアノ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、メクレンブルク=フォアポンメルンなどの著名な音楽祭に招かれている。 すでにウィーンのムジークフェライン、ベルリン・フィルハーモニー、ミュンヘンのプリンツレゲンテン劇場、フランクフルトのアルテ・オーパー、ケルン・フィルハーモニー、ガドガンホール、サントリーホール、チューリッヒ・トーンハレなどに登場。またこれまでに、ロリン・マゼールをはじめ、マルクス・ボッシュ、アントニ・ヴィト、アイヴァー・ボルトン、クリストフ・アルステット、シモーネ・ヤングなどの指揮者と、また、チェコ・フィル、ザルツブルク・モーツァルテウム管、ロイヤル・スコティッシュ管、ハノーファー北ドイツ放送フィル、トゥールーズ・キャピトル国立管などと共演。2017年にはイスラエル・フィルとの共演を果たした。
デビューCDのショパン作品集はECHOクラシック賞を受賞。以後のCDも常に好評を博し、特に2015年に発表されたサティの作品集は、チャートで1位を獲得するなど、高い評価を得た。