About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

©Kiyotaka Saito

仲道 郁代

Ikuyo Nakamichi
日本音楽コンクール第1位。ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第1位メンデルスゾーン賞と受賞を重ね、以後ヨーロッパと日本で本格的な演奏活動を開始。国内の主要オーケストラと共演する他、マゼール指揮ピッツバーグ響、バイエルン放送響、フィルハーモニア管、ズッカーマン指揮イギリス室内管 (ECO)、ブルゴス指揮ベルリン放送響、P.ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルなど海外オーケストラとも多数共演。
CDはソニー・ミュージックジャパンと専属契約を結び、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」(レコード・アカデミー賞)他、「シューマン:ファンタジー」など、高い評価を得ている。
2017/2018シーズンより、ベートーヴェン没後200周年の2027年に向け、「仲道郁代 Road to 2027 プロジェクト」をスタート、リサイタルシリーズを展開している。
一般社団法人音楽がヒラク未来代表理事、一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。