About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

© Ribaltaluce

テノール:櫻田 亮

Makoto Sakurada, tenor
東京藝術大学卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了後、国立ボローニャ音楽院(伊)に留学。イタリア各地でモンテヴェルディ『ウリッセの祖国への帰還』に出演し、‘07年のモンテヴェルディ『オルフェオ』初演400年では世界的なヴィオラ・ダ・ガンバ奏者であるJ.サヴァールらのグループとエジンバラ音楽祭等で共演。国内でも新国立劇場、二期会等オペラ出演の他、新日本フィルをはじめ数多くのオーケストラと共演。殊にバロックから古典派をレパートリーに国際的に高い評価を得ており、鈴木雅明氏率いるバッハ・コレギウム・ジャパンとはCD録音やコンサートの他、欧米のツアーにも参加。‘17年にはモンテヴェルディ生誕450年記念鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン『ポッペアの戴冠』で公演の成功に寄与している。第27回イタリア声楽コンコルソ、シエナ部門大賞受賞。ブルージュ国際古楽コンクール第2位(声楽最高位)。
東京藝術大学准教授。二期会会員