About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

© Keiichi Suto

木嶋 真優

Mayu Kishima
Violin

2016 年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールにて優勝。
神戸生まれ。3 歳でヴァイオリンを始める。
2000 年第 8 回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として 最年少で最高位(1 位なし第 2 位)を受賞し一躍話題となる 2011 年ケルン国際音楽コンクールのヴ ァイオリン部門で優勝、あわせてその優れた音楽的解釈に対し David Garrett 賞も受賞。
2004年 6 月 モスクワでスピヴァコフ指揮ロシアナショナル・フィルと共演し、地元紙では、「巨 匠 (ムスティスラフ・)ロストロポーヴィッチが『世界で最も優れた若手ヴァイオリニスト』と絶 賛するにふさわしく、見事なテクニックと成熟した解釈で聴衆を圧倒した。」と評される。
レコーディングは、NHK交響楽団音楽監督に就任したウラディーミル・アシュケナージから強 い推薦を受け、「アシュケナージ&NHK交響楽団」の“ツィガーヌ”に参加。そのほかソロ CD は 「シャコンヌ」、「Rise」をリリース。また、2016 年 5 月にワーナー・クラシックスから発売された アルゲリッチ&フレンズのライヴCDに、2015 年のアルゲリッチ・プロジェクト「ルガーノ・フェス ティヴァル」での演奏が収録されている。
現在日本とヨーロッパに拠点を置き、活動を展開している。最近ではルガノのマルタ・アルゲリ ッチ音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団への参加も果たしている。2014 年に行なった NHK 交響楽団、広島交響楽団、東京シティ・フィル、台北交響楽団との共演は高く評 価された。
これまでに林泉、戸上和代、江藤俊哉、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫、小栗まち絵、工藤千博な どのレッスンを受講。2008年及び2009年スイスで開催された小澤征爾アカデミーに参加。ケルン音 楽大学在学中はザハール・ブロンに師事、2012 年春にはケルン音楽大学を首席で卒業、2015 年秋 には同大学院を満場一致の首席で卒業し、ドイツの国家演奏家資格を取得、また 2016 年秋には神戸市 より神戸市文化奨励賞を授与された。
2002 年度文化庁海外派遣研修員。2012 年 NHK 大河ドラマ「平清盛」紀行の音楽に参加。TBS「情 熱大陸」にも出演、話題となった。
使用楽器は、ストラディバリウス 1700 年製 Ex Petri( 上野隆司博士より貸与)。
(2016 年 11 月現在)