TEL

新日本フィル チケットボックス

03-5610-3815

平日:10〜18時 土:10〜15時/日祝休

MENU

TICKET

About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

指揮 :リオ・クオクマン

Lio Kuokman, conductor
マカオ生まれ。2014年のスヴェトラーノフ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。O-W.ミュラー、H.ウルフに師事し、ラトルやレヴァイン、ギルバートらのマスタークラスでも研鑽を積んだ。2016年までフィラデルフィア管でネゼ=セガンの副指揮を任され、現地の新聞に「驚くべき指揮の才能」と称えられた。
ロシア・ナショナル管、トゥールーズ・キャピトル国立管、デトロイト響、上海フィル、ソウル・フィル、N響、京都市響といった世界の主要楽団に客演を重ね、アンゲリッシュ、フレイレ、ケフェレック、R. カプソンらの名ソリストと共演している。
オペラにも積極的で、《トゥーランドット》《カルメン》などの主要レパートリーを次々と振り、ゲルギエフに招かれマリインスキー劇場ではリムスキー=コルサコフ《プスコフの娘》を指揮した。
2020年1月にマカオ国際音楽祭のプログラミング・ディレクター、12月に香港フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任。
芸術文化の発展への貢献が評価され、香港とマカオの両政府から賞や勲章を授与されている。