About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

バリトン:加耒徹

Toru kaku, baritone
東京藝術大学大学院修士課程を首席で修了し、大学院アカンサス賞受賞。その後二期会オペラ研修所を総代で修了し、最優秀賞及び川崎靜子賞を受賞。
オペラでは、二期会『ジューリオ・チェーザレ』アキッラ、『ナクソス島のアリアドネ』ハルレキン、『金閣寺』鶴川、日生劇場『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、『アラジン』タイトルロール等数多くの公演に出演。
コンサートでは、とりわけ宗教曲の分野で評価が高く、バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバーとしても数多くのコンサートに出演。また歌曲の演奏にも定評があり、幅広いレパートリーを持つ。
その他、NHK「リサイタル・ノヴァ」に出演する等、幅広く活躍。
CD「Kaku Toru Début」「加耒徹×ドイツ歌曲」をリリース。
第20回友愛ドイツリートコンクール第2位。14年シャネル・ピグマリオン・デイズアーティスト。洗足学園音楽大学非常勤講師。二期会会員