About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

テノール:清水 徹太郎*

Tetsutaro Shimizu*, tenor
京都市立芸術大学卒業、同大学院修了。
第33回飯塚音楽コンクール第1位、文部科学大臣賞受賞。第9回東京音楽コンクール第3位、第82回日本音楽コンクールファイナリスト、第20回ABC新人オーディション音楽賞、2012年度音楽クリティッククラブ奨励賞、第38回灘ライオンズクラブ音楽賞など受賞多数。マスタークラスオペラアカデミーinスタディオアマデウス第一期特待研修生修了。指揮者からの信頼も厚く、マダム・バタフライコンクールにおいてはオーケストラ及び指揮者より特別賞が授与された。
室内楽・宗教曲ではバッハ「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」エヴァンゲリスト、「第九」「合唱幻想曲」「メサイア」「天地創造」「カルミナ・ブラーナ」など多数のソリストとして活躍している。2015年ドレスデンに招聘され、ザクセン声楽アンサンブルジルヴェスターコンサート≪メサイア≫でのソリストを務める。オペラ『カルメン』ドンホセ、『夕鶴』与ひょう、『椿姫』アルフレード、『魔笛』タミーノ、『オテロ』カッシオ、『ファルスタッフ』フェントン、『業平』表題役、2017年びわ湖ホールプロデュースオペラ『ラインの黄金』ローゲ、同年NHK音楽祭フェドセーエフ指揮『エフゲー二・オネーギン』トリケでの活躍は記憶に新しい。その後ニッセイ名作シリーズ2018年6月『魔笛』僧侶、同年7月には兵庫県芸術文化センター佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ『魔弾の射手』キリアンで活躍。同年9月には群馬交響楽団大友直人指揮エルガー「神の国」において聴衆はもとより楽員からも称賛された。故・畑中良輔氏推薦により日本演奏連盟に所属。京都市立芸術大学、大阪音楽大学、武庫川女子大学、京都女子大学、京都市立堀川音楽高校各講師。びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー、『びわ湖ホール4大テノール』、上方オペラ工房各メンバーとしても活動中。