TEL

新日本フィル チケットボックス

03-5610-3815

平日:10〜18時 土:10〜15時/日祝休

MENU

TICKET

About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

© Maurice Foxall

指揮:ダンカン・ワード

Duncan Ward, conductor
イギリス人指揮者ダンカン・ワードは同世代の中でも特に多方面にわたる期待の指揮者であり、定期的に一流楽団やオペラハウスと共演している。最近のハイライトは、バイエルン放送響、BBC 響、スウェーデン放送響、MDR 響との共演のほか、グラインドボーンツアーにてブレット・ディーンの『ハムレット』を指揮した。
2012 年から 2014 年にかけて、サイモン・ラトルから推薦を受け、指揮奨学生としてベルリンフィルハーモニー・オーケストラ・アカデミーに在籍。2015-2017 年の間、シンフォニア・ヴィヴァの首席指揮者を務めた。また、イギリスのナショナル・ユース・オーケストラの副指揮者にも就任した。
2018-2019 シーズンはフランクフルト放送響、トゥールーズ・キャピトル国立管、ロッテルダムフィル、ミュンヘン室内管、ミュンヘン放送管、ロイヤル・フィルとのデビュー公演。更に、パリ管、スコットランド室内管、ウィーン放送響とウィーン楽友協会で再共演のほか、グラインドボーンツアーにて最新作『サンドリヨン』を指揮。