About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

©Stefan Nimmesgern

ソプラノ:ユリアーネ・バンゼ*

Juliane Banse, soprano*
南ドイツ生まれ、チューリッヒ育ち。ユリアーネ・バンゼの世代で彼女ほど多くの分野と多様なレパートリーを持つアーティストは数少ない。
2017/2018 シーズン、ハインツ・ホリガーのオペラ『ルネア』の世界初演をアンドレアス・ホモキ演出でチューリ
ッヒ歌劇場にてクリスティアン・ゲルハーヘルと共演。アムステルダムにて、オランダで有名なヴィレム・イェツ作曲「暴露させる心臓」の世界初演をヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮でコンセルトヘボウの土曜マチネシリーズにて出演。アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクール追悼コンサートにてモーツァルトの「宗教的ジングシュピール」をシュテファン・ゴットフリート指揮で出演。
バンゼの CD は数多くの賞を受賞してきている。マンフレート・ホーネック指揮スウェーデン放送交響楽団とのブラウンフェルスの「ジャンヌ・ダルク」と、デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団とのマーラー交響曲第 8 番がエコー・クラシック受賞。