About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

オルガン:室住 素子*

Motoko Murozumi*, organ
北海道室蘭市出身。東京大学文学部美学芸術学科在学中、合唱団の定期演奏会を行った教会でパイプオルガンと出会い、その音色に魅了されて、オルガンを始めた。
東京藝術大学音楽学部器楽科( オルガン専攻) に入学、秋元道雄、H. ピュイグ=ロジェ、Z. サットマリー各氏に師事。安宅賞受賞。同大学院修士課程修了後、水戸芸術館音楽部門主任学芸員を務め、「市民のためのオルガン講座」に対して、吉田秀和水戸芸術館館長賞受賞。
95 年、東京都交響楽団との共演をかわきりに、活動の場をNHK 交響楽団、新日本フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラなどへ広げた。2001 年J. フルネ/新日フィルと「サン=サーンス:交響曲3 番」を共演、フルネ氏から「オーケストラとコミュニケーションのとれる最高のオルガニスト」との評価を得た。
2008 年エリシュカ/大阪フィルと「ヤナーチェク:グラゴルミサ」、09 年アルミンク/新日フィルの「シュミット:7 つの封印を有する書」など難曲でオルガンソロを務めたのに続き、2010 年には小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラと「ブリテン:戦争レクイエム」をニューヨークのカーネギーホールにて共演。また、16 年には札幌交響楽団の定期演奏会にて「レーガー:序奏とパッサカリア」を独奏する栄誉を得た。
日本オルガニスト協会会員。水戸芸術館「市民のためのオルガン講座」講師。