About

新日本フィルを知る|ゲスト紹介

© Caroline Doutre

ピアノ:アンヌ・ケフェレック

Anne Queffélec, piano
パリ生まれ。パリ国立高等音楽院を首席で卒業後、ウィーンでパウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デームス、アルフレッド・ブレンデルに師事。1968年ミュンヘン国際音楽コンクール優勝(審査員満場一致)、翌年リーズ国際ピアノ・コンクール入賞。
これまでに、ロンドン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラと、サー・コリン・デイヴィス、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ、マレク・ヤノフスキ、デイヴィッド・ジンマン等の指揮者と共演している。フランス各地での主要音楽祭やBBCプロムス、日本ではラ・フォル・ジュルネTOKYOにも登場し高い人気を誇る。
CDは、『サティと仲間たち』(ミラーレ)がディアパゾン・ドール賞を受賞。2017年には最新盤の『ダンスに加わって』(ミラーレ)がリリースされた。また、映画「アマデウス」ではサー・ネヴィル・マリナーとの共演でピアノ協奏曲を演奏し、話題を呼んだ。